月曜日, 3月 13, 2017

北陸の旅・・・能登半島Ⅱ

諦めてはいたが今朝も太陽は顔を見せなかった。○○おじさんはサラリーマン最後の7年間を北陸で過ごした。もちろん単身赴任で。北陸はこれで終わりにしようと、今まで見過ごしていたところなどをゆっく歩いてみようと4泊5日で出かけた。

第2日目は能登の先端珠洲へ・・・かって何回か行っている禄剛崎灯台はやめて須須神社へ

須須神社では春の花、椿が一輪、霙に叩かれて落ちました。

外海の海岸線を車を走らせていると以前よりも揚げ浜塩田が増えているようだ。仁江海岸はしけて荒波。

ゆっくりしていると時間はあっという間に過ぎて行ってしまう。
千枚田を通り過ぎようとしたら雪景色。慌ててU ターンした。



冬のこの雪降りの白米千枚田は初めてで、海は荒海、千枚田は雪景色いい時に遭遇した。




2 件のコメント:

tk雪割草 さんのコメント...

北陸は思い出の地なんですね。北陸らしいお天気で
良かったのでは?赤い藪椿は、信州ではあまり見掛かませんね。
メジロが来た故郷を思い出しました。

Takeko Koike さんのコメント...

能登半島・・・知らない所へ行った思いです
素晴らしい思い出を沢山作られ
ご主人に感謝ですね。